アルコールと喫煙と酵素の関係

アルコールと喫煙が及ぼす健康被害

最近体にだるさを感じたり、運動しても体重が落ちなくなってきたときには、体内酵素の不足を疑う必要があります。
この酵素不足にはいくつかの原因が存在していますので、どのような原因で酵素が足りなくなってしまったのか知っておくとよいでしょう。

 

まず、酵素不足には、アルコール・喫煙も大きな原因となっています。
喫煙は、百害あって一利なしと呼ばれるように、体に様々な害をもたらすことになります。
タバコには、数えきれないくらいの有害物質が入っていますので、体内のバランスを著しく崩す原因にもなりますし、
体に入ってきた有害物質を排出するために、大量の酵素が使われてしまうのです。
喫煙しているだけで、一般の方よりも酵素の消費が激しくなり、体調面が悪化したり痩せにくくなってしまいますので、喫煙習慣のある方は禁煙するようにしましょう。

 

これはアルコールについても同様で、アルコールの摂取によっても体内酵素は減少してしまいます。
アルコールを摂取すると、その成分を分解するために臓器も忙しく働かなければなりません。
臓器でアルコールを分解する時、体内酵素もより多く消費されてしまいますので、気が付かないうちに酵素不足に陥ってしまうのです。
体に負担をかけたくないと強く考えたときには、毎晩の晩酌を制限するなどの努力も求められることになります。
このように、アルコール・喫煙によって、体内酵素は減少してしまいますので、アルコールを飲んだり、喫煙する習慣のある方は、生活習慣自体を変えていくとよいです。

 

スポンサードリンク

 

また、今現在はやめているものの、以前にアルコール・喫煙習慣があったという方は、今現在も体内酵素が不足している状態になります。
アルコール・喫煙をやめたとしても、体の機能がすぐに復活するわけではありません。
体は、ゆっくりとしか機能を回復させることはできませんので、積極的に酵素を摂取してみるとよいです。
野菜や果物を食べる習慣のなかった方は、野菜などを食事に摂りいれるだけでも違いますし、
食材を購入するのが面倒という時には、酵素が豊富に含まれているドリンク、サプリメントを摂るだけでも、簡単に補うことができます。

 

特に、ドリンクやサプリメントの場合、すでに酵素がバランスよく含まれていますので、食べ合わせやメニューに頭を悩ますこともありません。
このように、アルコール・喫煙による体内酵素の不足原因に心当たりのある方は、積極的に食生活や生活習慣を改善していくとよいでしょう。

アルコールと喫煙と酵素の関係関連ページ

睡眠不足を解消して酵素を増やそう
睡眠は健康上の大きな要因となっています。酵素にとってもし打民不足は非常に大きな要因の一つとなるのです。
夜更かしの影響で酵素不足に
夜更かしをする事で酵素がどんどんと減ってしまします。その理由は酵素の作られる時間にあったのです。
酵素不足は肉・魚を減らすから?
酵素は生ものに多く含まれています。肉や魚にも酵素は存在しますが、基本的には、焼いたり煮たりと熱を加える料理になってしまいます。
加齢により酵素不足に
年齢を重ねるごとに酵素は段々と減っていきます。その酵素が減っていく事により様々な変化が体に起こってきます。