体内酵素の不足原因は睡眠不足

睡眠不足は酵素を減らす原因

人間が毎日の生活を元気に満喫していくためには、少なからず身体のことを気遣って健康維持に努めることが重要です。
仕事や学校、そして専業主婦の家事や育児にしたって、「なんだか疲れてるな」とか「いつもの調子が出ないな」といった時には身体が何らかの信号を発している証拠。
ちょっと立ち止まって自分の体調に問題がないか確かめてみることが欠かせません。

 

そこでは病気ではないにしろ身体が弱まって病気になる寸前の未病と言う状態に陥ってしまっている場合も少なくありません。
こうした時にひとつ判断を誤ると大きな病気に見舞われてしまう可能性も出てきます。
ではこのとき、体内ではどのような変動が起きているのでしょうか。

 

多くの場合、これらの体調不良には酵素不足が直接的、または間接的に関係していると言われます。
そもそも人間の体内酵素は大まかに分けてふたつの機能へと使用されることになります。

 

スポンサードリンク

 

それが消化と代謝です。

 

人が口から食物や飲料を摂取するとそれを各器官で消化し、分解し、特定の成分と結びついて栄養分を作り出すのも酵素の役目ならば、
一方でそれらの栄養分を血流に乗せて身体の細部に至るまで運搬し、なおかつ細胞から出される老廃物を的確に外部へと排出していくのも酵素の役目。
消化酵素が減少すると各器官での消化が滞り、便秘など症状を引き起こしてしまいますし、
代謝酵素が不足すると身体に栄養分が行き渡らなくなり、外部からの病原菌にさらされた時などにも自らをガードすることが出来なくなってしまいます。

 

そしてこれらの体内酵素の不足原因として大きく関わってくるのが睡眠です。
実はこれらの酵素が体内で大量に分泌されるのはその本人がぐっすりと睡眠を取っている時間帯に他なりません。
とりわけ夜の10時から深夜2時に至るまではゴールデンタイムとも呼ばれ、
自律神経および交感神経がゆっくりと休息を取ることによって身体に調子を整える体内酵素がより効率良く作られることで知られています。
逆に言えば、睡眠不足とは体内酵素の不足原因のひとつとも言えるのです。

 

また、体内酵素の不足が深刻化することによって不眠症などの睡眠障害が引き起こされることもあるので注意が必要です。
こうして充分な睡眠が蓄積できないことによって更なる酵素不足に見舞われてしまい体内環境はまさに負のスパイラルに陥ってしまいかねません。

 

こうした事態に陥らないためにも、人は食生活の中で効率良く酵素を摂取することが求められます。
また時には酵素を手軽に吸収できる専用ドリンクなどを有効に活用する事で、不足していた体内酵素が補われ、
それらを消化活動や代謝活動といった身体の健康には欠かす事のできない機能へとバランス良く回すことが可能となるのです。
これらの効果が現れた時、負のスパイラルは打破されて不眠症なども解消されていることでしょう。

睡眠不足を解消して酵素を増やそう関連ページ

夜更かしの影響で酵素不足に
夜更かしをする事で酵素がどんどんと減ってしまします。その理由は酵素の作られる時間にあったのです。
アルコールと喫煙と酵素の関係
飲酒時にはタバコが吸いたくなりますね。ただ、アルコールと喫煙のセットは体に本当に悪影響を及ぼします。
酵素不足は肉・魚を減らすから?
酵素は生ものに多く含まれています。肉や魚にも酵素は存在しますが、基本的には、焼いたり煮たりと熱を加える料理になってしまいます。
加齢により酵素不足に
年齢を重ねるごとに酵素は段々と減っていきます。その酵素が減っていく事により様々な変化が体に起こってきます。